HOME3Dデジタル口腔内スキャナー ( iTero )

3Dデジタル口腔内スキャナー ( iTero )iTero

iTeroとは

iTeroとは

当院ではこれまで時間をかけてシリコンと石膏(せっこう)で患者様個々に合わせ作っていた「歯型」を、簡単に3次元データ化することが出来る「iTero」を導入しました。

この機械を使うことにより約10分で「歯型」のデータ取得が終わります。

シリコンと石膏を使った液状の型取りの薬品と違い、気分が悪くなるような嘔吐反応(オエッとなる反射)を感じることも少なく、レントゲンで心配されるリスクのX線なども使用しない安全特性があることも特徴の1つです。

被せ物や詰め物に関しても小さな歪みやズレも見逃さない高精度な「歯型」を得ることが可能です。
マウスピース型矯正との相性が抜群の為、モニターで一緒に矯正の治療プランを3次元の動画で確認しながら説明を受けることができるところが患者様にとっては一番のメリットです。

メリット

ポイント1

治療期間の短縮

治療期間の短縮

シリコンと石膏で歯型を作る方法では、口に流し込む型取り剤による不快感(嘔吐反応)であったり、立体模型にするまでに時間がかかるというデメリットがありました。

3次元によるデジタルデータでは「歯型」の模型はデジタルデータとして約10分で取得することができ、矯正治療のBefore・Afterのシミュレーションもモニターで確認しながら治療計画を確認することで、安心して矯正治療に進むことが出来ると考えています。

ポイント2

精度の高さ

精度の高さ

従来の「歯形」を作成する材料はゴムのように柔らかい性質上、歪みやズレが発生することがあります。

また「歯型」を取るドクターによっても経験や勘によって「歯型」の精度が変わることがありました。基本になる「歯型」の精度が低いと、治療の質が下がってしまいます。

高精度のデータから作られる詰め物・被せ物やマウスピース型の矯正装置は、治療の質向上につながります。

更に精度の高い詰め物は虫歯の再発を低くする効果もあります。

ポイント3

安全性

安全性

レントゲンやCTスキャナーは放射線を発するため、安全性を心配される患者様がいらっしゃいますが、iTeroは放射線を一切使用しないため、お子さんや妊娠中の患者様にも安心してご利用頂けます。

また、従来のシリコン印象剤では喉の奥に流れてしまったり、誤まって飲み込んでしまうリスクもありましたが、デジタルによる「iTero(口腔内三次元スキャナー)」ではこのような心配もありません。